News

【Koyo News No.1】 PAL/NTSCのデータ変換を始めました

世界には大きく分けて2種類のカラーテレビの放送方式があり、日本では「NTSC方式」と呼ばれアメリカ、韓国などと同様の方式を採用しています。日本国内で販売されているDVDプレイヤーは、「NTSC方式」にしか対応していません。又、「NTSC方式」で作成したDVDは海外(PAL方式圏)では再生できません。
当社では、この2種類の放送方式を変換・ダビングいたします。(VHS・DVD・ミニDV)

PAL/NTSCのデータ変換
NTSCとは: 米国ビデオ標準化委員会が定めたビデオ規格を指すもので、インターレス方式でおよそ720×480ピクセル。(29.97fps)
PALとは: 主に中国・ヨーロッパ諸国で使われる。インターレス方式のビデオフォーマットでおよそ720×576ピクセル。(25fps)

ご質問、ご不明な点等ございましたらお問い合わせフォーム、もしくは下記より当社スタッフまでご連絡ください。

株式会社ピク光洋 (担当:営業 茅野)
東京都中央区銀座7-13-15 銀座菊地ビル6F
TEL: 03-6278-0033
FAX: 03-6278-0034